医薬品名と格闘する新人看護師

新人看護師は、現場での仕事に必要となる医療用語を覚えるのに苦悩しがちです。
職場によっては慣習的に使用している用語も多いため、現場に合わせて習得する必要があります。だんだんと慣れてくるものであるとはいっても、数カ月間は慣れるのに時間が必要になるのが実情です。
近年の状況として問題になりがちなのが医薬品名であり、多くの新人看護師が頭を抱える問題となっています。現場で使用する医薬品の種類は限られているものの、その数が飛躍的に増えてしまった状況があるからです。ジェネリック医薬品の登場によって、同一成分であっても複数の医薬品がある場合が多く、名前も紛らわしいことがしばしばあります。医療ミスを起こさないためにも正確に把握しなければなりませんが、現場で一々メモ帳を見て確認していたのでは仕事が追いつかないのも実情です。早く覚えなければならないという焦りが、余計に覚える邪魔をするため、記憶の定着を遅くしてしまい、他の医療用語には慣れることができても、医薬品名だけは完全には覚えられずに悩む看護師も多くなっています。
薬品名を覚えるために、単語帳で医薬品名と成分の対応表を携えて対応している人もいるでしょう。ミスをするよりは、確実性を重要視することが大切であり、小さな努力を続けてだんだんと覚えていけば良いという気持ちを持つことも忘れてはならないでしょう。
覚える努力に加え、ミスをしないための工夫も現場では求められているということを知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です